So-net無料ブログ作成

猫ひろしさん五輪出場断念 [スポーツ]

スポンサードリンク




お笑い芸人の「猫ひろし」さんが、カンボジアのロンドン五輪男子マラソン代表に選ばれていましたが、国際陸上競技連盟は、参加資格がないと通達したということです。
カンボジア側が受け入れる予定で、猫ひろしさんの五輪出場は消滅。

そもそも、この話はカンボジアのマラソン選手がなかなか結果が出なくて、カンボジア陸連との関係はうまくいかなくなり、猫ひろしさんに声がかかったという話です。
普通に考えるとカンボジア内の他の選手から選考すればいい話ですが、スポーツというのは練習環境、素質などありますし、スポーツよりは生活!という状況ではないでしょうか?

猫ひろしさんも、2時間30分26秒というタイムで別府大分毎日マラソンをゴールしています。
素人から見ても、このタイムで五輪の上位になるとは思えません。しかし、代表選手を出せないという状況よりはましと考えたのでしょう。

それにしても、今回の話は色々な問題があります。

外国人だから駄目なのか? 猫ひろしさんはカンボジア国籍を取得していますし、日本でも日本国籍を取得して日本代表選手になるなんてあります。
ただ、今回は、居住実績がないと。

海外から優秀な選手を連れてくるというのはスポーツの世界では一般的。
ただ、安易にこの方法を実行すれば、国内での選手が育たない可能性が高い。

マイナーな競技で終わってしまうよりは、海外の力を借りてでも有名になり、そこから国内選手の育成という考えもできます。
なんにしても、スポーツの世界で選手を育成するには、時間もお金もかかる。モチベーションも維持しなくては駄目。

それで、結果が出るか?というのは誰にもわからない。

途中で選手が病気、怪我をするかもわからない。本当にスポーツの世界は厳しいなあ。









スポンサードリンク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます